トイレリフォームの費用相場(便器、壁床)おすすめのメーカーと業者を徹底調査

トイレリフォームの費用相場

トイレリフォームの費用・相場と、おすすめメーカーと業者を徹底解説していきます!

トイレリフォームで有名なメーカーは、どのくらいの費用がかかるのでしょうか。

 

  1. トイレリフォーム費用・相場はいくら?
    1. トイレリフォーム費用・相場の平均
    2. トイレリフォームの費用・相場、汲み取りを式を水洗にする
    3. トイレリフォーム費用・相場 賃貸
    4. トイレリフォーム費用・相場、和式から様式に変える場合
    5. トイレリフォーム費用・相場、マンションだといくら
    6. 風呂トイレ一緒にリフォームする費用・相場
    7. キッチントイレ同時リフォームの費用・相場
  2. トイレリフォーム、床のリフォーム
    1. トイレリフォーム、床材の決め方と注意点
    2. トイレリフォーム、床の張替え方法
    3. トイレリフォーム、床のタイルの種類と特徴
      1. 「フロアタイル」
      2. 「せっ器タイル」
      3. 「磁器タイル」
      4. 「陶器タイル」
  3. トイレリフォーム、壁のリフォーム
    1. トイレリフォーム、壁のリフォームの費用と相場
    2. トイレリフォーム、壁材で気にする点
    3. トイレリフォーム、壁パネルの種類と比較
      1. 「キッチンパネル」
      2. 「大建サニタリー用パネル材」
    4. トイレリフォーム、壁紙の色・柄の選び方
    5. トイレリフォーム、床排水と壁排水の違い
  4. トイレリフォーム、マンション編
    1. トイレリフォーム、マンションで価格はどれくらい?
    2. トイレリフォーム、マンションでタンクレスはできる?
    3. トイレリフォーム、マンションでdiyする
  5. トイレリフォーム、おすすめメーカーと業者
    1. トイレリフォーム、おすすめメーカーと特徴
      1. 「TOTO」
      2. 「LIXIL」
    2. トイレリフォーム、おすすめ業者
      1. 「サンリフレ」
      2. 「棟梁ドットコム」
  6. トイレリフォームDIY、壁床、内装を自力でリフォーム
    1. トイレリフォームDIY、床を自力でリフォーム
    2. トイレリフォームDIY、和式を自力で洋式にする方法
    3. トイレリフォームDIY、タンクレスに自力でする方法
    4. トイレリフォームDIY、タイル壁や床を自力でリフォーム
    5. トイレリフォームDIY、汲み取りを水洗に自力で換える

トイレリフォーム費用・相場はいくら?

トイレリフォームの費用・相場はいくらくらいなのでしょうか。

トイレリフォーム費用・相場はいくら?

どのくらい費用が掛かるのか、相場はどのくらいかをある程度知っておく事で、依頼する側としては心の準備ができますよね。

 

マンション、賃貸、和式から洋式、他の部分と同時リフォームの場合に分けて費用と相場を紹介していきます。

 

トイレリフォーム費用・相場の平均

トイレリフォームの費用・相場の平均はどの程度になるのでしょうか。

 

トイレリフォームといっても、どうしたいかによって費用の相場は大きく変わってきます

 

例えば、目的が「トイレを最新にしたい」「使い勝手をよくしたい」といったものなら、費用・相場は「10万円~15万円」で済みます。

この場合は便器自体を変えるだけで良いからです。

 

しかし、老朽化対策やバリアフリーを取り入れたい場合、和式から洋式に変える場合は、工事に手間がかかるので、その分費用・相場も大きくなり、幅も広いです。

 

簡易トイレリフォームの平均費用・相場の15万円を大きく上回り、費用・相場の計算が非常に難しいです。

平均で「50万円~80万円」はかかると思ってください。

 

便器だけのトイレリフォームなら安くて、便器以外の床や壁、全体をリフォームしたい場合、費用・相場も高くなると思ってください。

 

トイレリフォームの費用・相場、汲み取りを式を水洗にする

汲み取り式トイレから水洗トイレにする際のトイレリフォームの費用や相場はどのくらいでしょうか。

 

汲み取り式トイレとは、いわゆるぼっとんトイレと呼ばれるもので、排せつ物を落下させるタイプのトイレです。

 

現在のトイレ像とは大きく異なり、現在のトイレのほとんどは「水洗式」といって、水で排せつ物を流してくれるトイレですよね。

 

田舎ではまだ汲み取り式トイレを利用しているところもありますが、衛生面の関係で水洗トイレにしたいと考える人は多いです。

 

汲み取り式トイレのリフォームの費用・相場は「約100万円」です。

 

普通のトイレリフォームと比べて費用・相場が高いですが、汲み取り式から水洗に変える場合、便器設置はもちろん、落下先の便槽も撤去しなくてはいけません。

 

そのため、工事が大がかりになり、その分トイレリフォームの費用として上乗せされます

 

また、便槽撤去やその他の機能をつけたい時には、さらなる費用が必要です。

 

トイレリフォーム費用・相場 賃貸

賃貸のトイレリフォームの費用・相場はどのくらいになるのでしょうか。

 

トイレリフォームは、賃貸に住んでいようがマンションに住んでいようが、持ち家に住んでいようが関係ありません。

 

賃貸のトイレが汚かったり、いまだに和式トイレだったりする際には当然費用・相場は跳ね上がりますし、逆に便座や便器だけ変えたい場合は、そこまで金額は高くなりません。

 

そのため、賃貸のトイレリフォームの費用・相場は、あまり大掛かりなトイレリフォームをしないのなら「10万円~15万円」、大がかりな工事が必要なら「50万円~80万円」と考えて構いません

 

ただ、もしかしたら賃貸の管理会社が費用を出してくれるかもしれません。

 

自分が壊したり、今でも使えるのにトイレリフォームをしたい時には、大体自費負担になりますが、老朽化に伴うトイレリフォームの場合、管理会社に相談してみると良いでしょう。

 

そのため、賃貸のトイレリフォームは、定価自体は変わりませんが、自費かどうかで費用・相場が変わります

 

トイレリフォーム費用・相場、和式から様式に変える場合

トイレリフォームで、元の和式トイレから洋式トイレに変える場合、費用・相場はいくらくらいでしょうか。

 

トイレリフォームで和式から洋式にする際、便器そのものを取り換えなくてはいけないので、多額の費用がかかると予想されます。

 

しかし、和式から洋式に変えるトイレリフォームでは、実はそこまで費用はかかりません。

 

大がかりな工事が必要なトイレリフォームの平均費用・相場が「50万円~80万円」であるのに対し、和式から洋式に変えたいのであれば「30万円~50万円」で済みます

 

もちろん、新たな機能をつけたり、高いとされているタンクレスにした場合、その分費用・相場は上乗せされます。

 

現在ほとんどが洋式であるのを考えると、早めに和式から洋式にトイレリフォームしておきたいですよね。

 

他の大掛かりなトイレリフォームと比べて費用・相場は安いので、ぜひ一考しておいください。

 

トイレリフォーム費用・相場、マンションだといくら

マンションのトイレリフォームの費用・相場はいくらくらいなのでしょうか。

 

マンションのトイレリフォームの場合も「マンションだから費用・相場が高くなる」という事例は稀です。

 

やはり、トイレそのものの老朽化が激しいかどうか、取り付ける新機能はなにかで判断されます

 

そのため、便座や便器を変える場合の費用・相場は「10万円~15万円」、大がかりな工事が必要なら「50万円~80万円」になります。

 

しかし、それら合計して、おおよそ「20万円~30万円」がマンションのトイレリフォームの費用・相場とされています

 

なぜ費用・相場が安めなのかというと、マンションの場合、よっぽど築年数が古くない場合を除いて、トイレも新しい場合が多いからです。

 

その場合、リフォームの必要性がないので、基盤工事等の必要性はありません。

 

風呂トイレ一緒にリフォームする費用・相場

風呂とトイレを一緒にリフォームする費用・相場はいくら程度でしょうか。

 

風呂とトイレが一緒にリフォームしたい場合、平均費用・相場は「80万円~100万円」になります

 

一般のトイレリフォームよりも金額が高くなり、この金額には取付工事、電気工事、撤去、水回りにかかる費用などが含まれています。

 

もちろん、便器や便座(もしくは浴槽)の取り付けも費用がかかるため、その部分も考慮すると、やはり大がかりな工事になりそうです。

 

また、風呂とトイレを一緒にリフォームするなら、一緒に「キッチン」もリフォームするとお得になる可能性があります。

 

いわゆる「三点ユニットバス」の事で、水を利用するトイレ、キッチン、お風呂を近くに設置するプランが、トイレリフォームメーカーの中で取り扱う工事として提案されているからです。

 

キッチントイレ同時リフォームの費用・相場

キッチンとトイレを同時にリフォームしたい場合、費用・相場はどのくらいになるのでしょうか。

 

キッチンとトイレはあまり近くに設置したくないと思う人も多いかもしれませんが、キッチンもトイレも水を利用するので、近くに設置しておくと従来の工事より安く済む場合があります

 

気になるキッチンとトイレの同時リフォームの費用・相場は、平均費用の算出が非常に難しいです。

 

トイレはそうでもないのですが、キッチンリフォームの費用・相場に差がでるからです

 

また、多くのメーカーは「トイレ・キッチン・風呂」の3点セットでリフォームしているのもあって、「トイレ・キッチン」でのリフォーム例が少ないのも、算出が難しいポイントです。

 

おおよそではありますが、費用・相場は「100万円~120万円」程度だと思ってください

キッチンのリフォーム、設置費用が金額を高くしている理由です。

 

トイレリフォーム、床のリフォーム

トイレリフォームでは、「床」を変える事もできます。

トイレリフォーム、床のリフォーム

床リフォームに関して徹底解説していきます。

 

トイレリフォーム、床材の決め方と注意点

トイレリフォームで、床材の決め方と注意点について解説します。

まず、前提として知っておきたい注意点を紹介します。

 

トイレでは普通の部屋とは異なる床材を使わなくてはいけません

なぜなら、尿や洗剤などに強い床材を使わないと、普通の耐用年数よりも長持ちしないからです。

 

そのため、「なんでも良い」「おしゃれなほうが良い」という考えは捨ててください

 

肝心のトイレリフォームに適している床材についても解説します。

 

種類は「フローリング」「タイル」「クッションフロア」などがありますが、現在では「クッションフロア」が一番適しているとされています。

 

元の材質が「ビニール」ですので、掃除が非常に簡単で、フローリングと比べても耐久性に優れているのがポイントです。

 

耐臭性はタイルのほうが適していますが、こちらは値段がやや高めで、一般家庭にではクッションフロアのほうが普及しています。

 

トイレリフォーム、床の張替え方法

トイレリフォームで、床を張替えたいときはどのようにすればいいのでしょうか。

 

張替えでは、業者に頼むと「約5万円程度」かかります

そのため、できる事なら自分で張替えは行いたいと思いますよね。

 

張替えは個人でも充分可能なので、ぜひ試してみてください。

 

まず、「クッションフロアシート」をあらかじめ購入してください。

このクッションフロアシートを切り貼りして床の張替えを行います

 

まず、全体にクッションフロアを広げ、便器にあたる部分を切り取り「型紙」を作ります。

その後、型紙を取り除き、余分な部分をはさみやカッターなどで切り取ります。

 

その後、クッションフロアの裏を両面テープで頑丈に貼り付けて床を張替えてください。

 

理屈は簡単なのですが、クッションフロアの型紙作りが非常に難しいです。

ただ、材料費は3、4千円程度ですので、チャレンジしてみる価値はあります

 

トイレリフォーム、床のタイルの種類と特徴

トイレリフォームする際に使用する床のタイルの種類と特徴を解説します。

 

タイルとは、床(壁)に敷く床材の事で、粘土を板状にしたものが多いです。

タイルには多くの種類があるので、種類と特徴を簡単に抑える必要もあるので、見ていきましょう。

 

「フロアタイル」

フロアタイルはトイレ以外にも利用されるタイルの事ですが、ビニール製なので傷付きにくく、トイレでも使用されるタイルです。

費用も他のタイルと比べて安いです。

 

「せっ器タイル」

外壁に利用されるタイルですが、トイレの床にも使われます。

吸水性が低く、水に長く浸かった程度ではダメにならないので、トイレリフォームに適しているからです。

 

「磁器タイル」

磁器タイルはせっ器タイル以上に吸水性が低く固さも申し分ないので、トイレの床のタイルとして適しています。

叩くと金属のようが音が出るタイルです。

 

「陶器タイル」

陶器タイルは吸水性が高いので、トイレの床タイルとしては向きません

ただし、臭いを吸収してくれるのでトイレリフォームに関して無用というわけではなく、壁タイルとして利用されます。

 

トイレリフォーム、壁のリフォーム

トイレリフォームで壁をリフォームしたいケースもありますよね。

トイレリフォーム、壁のリフォーム

今回は、壁リフォームについて紹介します。

 

トイレリフォーム、壁のリフォームの費用と相場

費用と相場はどのくらいになるのでしょうか。

 

壁だけをリフォームしたい場合、実はそこまで費用・相場は高くありません

なぜなら、壁紙を張り替えればいいだけなので、そこまで手間ではないからです。

 

かといって、自分ひとりで壁のトイレリフォームができるかと言われたら話は別です。

 

壁は広くて手間がかかる上、場合によっては天井までトイレリフォームしたいと思い、非常に手間がかかります。

そのため、大抵の人が業者に壁のリフォームを頼みます

 

気になる費用・相場ですが、おおよそ「4万円前後」になります。

壁紙の種類によって若干の費用・相場の差はありますが、予算としては5万円も持っておけば問題はないのではないでしょうか。

 

ただし、壁材から変えたい場合、やや費用・相場が高くなりますので、注意してください

 

トイレリフォーム、壁材で気にする点

壁材で気にする点はどのようなものがあるのでしょうか。

 

トイレリフォームをしたい場合、床や壁はよく考えなくてはいけません

リビングや寝室のようにリフォームしてしまった場合、水漏れやカビなどに対応できないかもしれないからです。

 

水漏れやカビの問題は、トイレ掃除をした経験がある人ならなんとなく予想できるのではないでしょうか。

 

基本的にトイレは湿気がある場所ですので、水漏れやカビ、消臭対策は取っておきたいです

その対策に「壁材」を利用しましょう。

 

つまり、耐臭効果がある壁材や、耐水効果が強い壁材が求められるという事です。

例えば、「陶器タイル」は耐臭効果が強いので、壁材としておすすめです。

 

トイレリフォームを考えている場合は、おしゃれよりも実用性を選択したほうがいいです。

 

トイレリフォーム後に壁紙を張り替えるのはできますので、トイレリフォーム時にそこまで考えなくていいです。

 

トイレリフォーム、壁パネルの種類と比較

トイレリフォームの壁パネルの種類を比較してみましょう。

 

耐臭性や耐水性に優れたものを利用しなくてはいけないため、トイレリフォームの壁パネルは気を遣わなくてはいけません。

 

そのため、細かい性能についてみてみる必要があります。

 

「キッチンパネル」

アイカ工業産のキッチンパネルは、トイレリフォームの壁パネルの中でも特におすすめできます

まず特筆すべきは、「掃除がどのパネルよりも楽」だという事です。

 

キッチンに使用されるので元々の耐水性などは完璧で、タイルのように凸凹がなく、表面にムラがないのですぐに汚れを拭き取る事ができます。

 

「大建サニタリー用パネル材」

この壁パネルは、抗菌作用があるため、そもそもの問題である「カビ」をケアできる壁パネルで、トイレリフォームに利用されます。

 

壁パネルにもそれなりに種類がありますが、トイレリフォームの場合特におすすめしたい壁パネルになります。

 

この2つが壁のトイレリフォームに使われるのですが、どちらもおすすめできます。

 

あえてこの2種類の壁パネルを比較してみると、キッチンパネルは掃除のしやすさ、サニタリー用パネルは抗菌性に優れています

どちらも耐水性は抜群です。

 

トイレリフォーム、壁紙の色・柄の選び方

壁紙の色・柄の選び方を紹介します。

 

トイレリフォームの良いところは「ある程度の利便性さえ確保すれば自分の好きなようにリフォームできること」です

 

そのため、壁紙を変えたい場合も、色・柄はどのように変えても構いません。

自分の好きなように改装してみてはいかがでしょうか。

 

一般的に利用される壁紙の色・柄は「落ち着いたタイプ」です。

あまり派手な柄の壁紙はあまり使われない傾向で、「白、ベージュ、グレー」といった薄い色が好まれます。

 

他にも、風水や運気があがるような色を使ったり、思い切って派手にするため、柄を取り入れた壁紙を使う人もいます。

これに関しては、本当に人それぞれですので、そこまで気にしなくて良いです。

 

また、凝った壁紙に張り替えたいからといって費用・相場が大きくなる場合もないです。

5~8万円も持っておけば充分でしょう

 

トイレリフォーム、床排水と壁排水の違い

床排水と壁排水の違いについても知っておくと良いでしょう。

 

どちらの排水方法でも排水できるのでそこまで気にしなくて良いかもしれません。

 

しかし、新築のトイレリフォーム時に業者さんにどちらにしたいか訊かれる可能性があります。

そのため、知識として持っておきましょう。

 

まず、「壁排水」ですが、この排水はマンションに多いタイプで、トイレの下部分に配水管が取り付けられるタイプです。

 

したがって、排水管が見えてしまいます

そのため、排水管が見えるのが気になるという方は、排水管が見えないタイプの「床排水」にしましょう

 

「床排水」は、床に排水管が取り付けられています。

ただし、床の下に取り付けられているため、ぱっと見で排水管を確認できません

 

床排水の場合は、床から水が流れていくので、マンションのように水を壁で管理しなくてよく、一戸建てに多い排水方法になります

 

トイレリフォーム、マンション編

トイレリフォームをマンションでしたい場合、どのような点に気を付ければいいのでしょうか。

トイレリフォーム、マンション編

トイレリフォームをマンションで行う場合の価格や種類について見ていきましょう。

 

トイレリフォーム、マンションで価格はどれくらい?

マンションでトイレリフォームしたい場合、価格はどれくらいになるのでしょうか。

 

マンションの場合の価格は、おおよそ「20万円~30万円」になります

築年数にもよりますが、マンションのトイレは比較的綺麗で、建てた都度最新式のトイレにしているケースが多いです。

 

そのため、トイレリフォームをしようという考え自体が少なくなります。

 

さらに、マンションは集合住宅ですので、そのマンションに合ったトイレにリフォームにする必要があるため、そのせいで選択の幅が狭まってしまいます。

 

元々綺麗で、さらに賃貸などのトイレリフォームと比べてリフォーム箇所が少ないのなら、その分価格は安くなりがちです。

 

トイレ全体のリフォームなど、大がかりな工事が必要な場合は金額は上乗せされますが、それでもマンションのトイレリフォームは、賃貸などと比べて価格が安くなる傾向です

 

トイレリフォーム、マンションでタンクレスはできる?

マンションでトイレリフォームをしたい場合、タンクレスにできるのでしょうか。

 

タンクレストイレとは、便器の後ろ側にある水を溜める「タンク」がないトイレの事です。

 

従来のタンク付きと比べると、タンク分の場所が必要ないので、コンパクトに設置できるのが魅力です

 

このタンクレストイレは、「マンションに向かない」とされていました。

なぜなら、マンションは集合住宅ですので、給水圧力が一戸建てと比べて低いからです。

 

そのため水が足りなくなってしまいます。

しかし、現在では水圧を補う技術が備わりましたので、マンションでもタンクレスを設置できるようになりました

 

ただし、タンクレスのタイプによっては「マンションのトイレリフォームには使えない」といったタイプも存在します。

 

トイレリフォームする際に業者に確認してください

 

トイレリフォーム、マンションでdiyする

トイレリフォーム時、マンションでDIYはできるのでしょうか。

 

DIYとは、「自分でリフォームすること」を言います。

今回の場合は、自分でトイレリフォームを行うという事です。

 

しかし、マンションは集合住宅という性質上リフォームしづらく、DIYが難しいのではないかと思われがちです。

 

しかし、ちょっとした工夫を加えることで、マンションでもトイレリフォームのDIYを行うことができます

 

例えば、「マンションだからタンクレストイレにできない」と思っている方もいるのではないでしょうか。

そんな場合は、タンク部分を隠してしまえばいいだけです。

 

タンク部分を木材で囲い、使う壁紙を貼り付けてみてください。

簡単DIYトイレリフォームの完成です。

 

ただし、マンションによっては「穴を開けてはいけない」と言われるケースもあるでしょう。

そのため、DIYの幅が少しだけ制限される可能性があるのです

 

トイレリフォーム、おすすめメーカーと業者

トイレリフォームでおすすめメーカーと業者を紹介します。

トイレリフォーム、おすすめメーカーと業者

トイレの改装を依頼する場合、どういったメーカーがあるのか、どの業者が実績があるのか、などメーカーや業者のことを少しでもわかっていた方が依頼しやすいでしょう。

 

どのようなメーカーや業者がトイレリフォーム力が高いのでしょうか

 

トイレリフォーム、おすすめメーカーと特徴

おすすめメーカーと特徴を紹介します。

 

今回は総合的に見たおすすめメーカーを見ていきましょう。

 

「TOTO」

おすすめメーカーの中でも歴史があって、創業106年を誇るトイレの老舗が、この「TOTO」です。

 

普及している数は、トイレ業界の6割と言われていて、トイレリフォームに関してもおすすめメーカーとしての地位を確立しています。

 

こちらのメーカーは、綺麗なトイレを心掛けていて、なおかつリフォームの金額も良心的です

さらに、TOTOならではの信頼感も魅力のポイントです。

 

「LIXIL」

「LIXIL」は商品ラインナップが豊富で、様々な利便性を持つタンクレストイレが商品として取り揃えられているメーカーです。

 

タンクレスにしたい場合、トイレリフォームが必須ですので、トイレリフォームに関してもサービスとして取り扱っています。

 

こちらのメーカーは、技術に関しても文句なしのおすすめメーカーです

 

トイレリフォーム、おすすめ業者

おすすめ業者はどこでしょうか。

価格や技術面を考慮して、総合的に見ていきましょう。

 

「サンリフレ」

サンリフレは、トイレリフォームに専門特化したおすすめ業者です。

公式サイトを見ると、施工した工事の例や料金、リフォーム結果を確認できますが、どれも完成度が高いものです。

 

顧客満足度もおすすめ業者として申し分ないもので、「使いやすくなった」という声が多かったので、技術面も安心できるとわかります

 

「棟梁ドットコム」

棟梁ドットコムは、トイレリフォームの中でも「便器本体」のリフォームが得意なおすすめ業者です(もちろん他のリフォーム面も技術は高いです)。

 

工事施工数は20万件以上で、その度に顧客から高い評価をもらっている業者で、設置トイレの質もよいものばかりです。

 

公式サイトでは、売れ筋トイレをランキング形式で表示しているので、人気商品をすぐに確認できます。

 

トイレリフォームDIY、壁床、内装を自力でリフォーム

DIYで壁床、内装を自力でリフォームしたい時にはどうすればいいのでしょうか。

トイレリフォームDIY、壁床、内装を自力でリフォーム

おすすめのトイレリフォームDIY方法を紹介していきます。

 

トイレリフォームDIY、床を自力でリフォーム

トイレリフォームDIYでは、床を自力でリフォームもできます。

 

DIYは、自分でリフォーム、という意味があるのですが、床のトイレリフォームは他の部分よりある程度は容易なはずです。

 

そのため、まずは床をトイレリフォームしてみてはいかがでしょうか。

 

まずは張替用の床を購入する必要があります

この床に関しては、汚れにくいのが特徴な「クッションフロア」がいいでしょう。

 

このクッションフロアを自分のトイレルームの床と同じ形にしなければいけないので、まずは「型紙」を作ってください。

 

型紙を作ったあとは、便器部分を切り取ったり、大きさを調整して、貼り付ければいいだけです。

 

クッションフロアシートを貼り付ける際は、両面テープで頑丈に貼り付けるようにしましょう

聞こえは簡単なトイレリフォームDIYですが、慣れてないと意外と難しいです。

 

トイレリフォームDIY、和式を自力で洋式にする方法

トイレリフォームDIYで、和式トイレを自力で洋式にする方法を紹介します。

 

「え!?そんな方法あるの!?」と思うかもしれませんが、ちゃんと洋式トイレさえ購入していれば自力行うことはできます

 

ただ、トイレリフォームに関するDIYの中でも屈指の難易度ですので、何日もかかる可能性があるのは理解しておいてください。

 

まずは、メーカーで販売されている洋式トイレを購入します。

便器やタンクが別売りの可能性があるので、しっかりとチェックしましょう

 

次に、もし和式トイレと用を足す足場で段差がある際には、この段差を取り除かなくてはいけません

ハンマーなどで砕いてください。

 

その後、排水管を移動、再設置し、崩した部分を木板などで頑丈に補強、壁などを張替えればトイレリフォームがDIYで完成します。

 

説明するだけなら単純そうですが、排水管の移動などは本当に手間がかかり難しいので、ある程度調べてから実践したほうがいいです。

 

トイレリフォームDIY、タンクレスに自力でする方法

トイレリフォームDIYで、タンクレスに自力でする方法を紹介します。

 

ただし、タンクレスにするには手間とお金がかかるので、本当なら業者かメーカーに依頼したほうがいいです

しかし、従来のタンク有トイレを「タンクレス風トイレ」にはできます。

 

DIY方法はそこまで難しくなく、タンク部分を隠してしまえばいいだけです。

まずは、木板などでタンクがある場所を壁にかけて囲ってください。

 

その後、釘などで崩れないように補強します。

タンクを上手に隠すことができたら、木板にトイレの壁にぴったりの壁紙を貼り付けましょう

 

そうすることで、「自作の木板の壁内にタンクを隠す」事ができます。

そのため、他の人が見たら「タンクレスだ!」と錯覚するでしょう。

 

トイレリフォームDIYの中ではそこまで頭を使わなくてもいいですが、やはり「見せかけてタンクレス」には変わりないことは覚えておきましょう

 

トイレリフォームDIY、タイル壁や床を自力でリフォーム

トイレリフォームDIYで、タイル壁や床を自力でリフォームしたい時はどうすればいいでしょうか。

 

自力でリフォームが可能で、クロス壁やクッションフロア床にできます。

 

壁や床はトイレに合ったタイルが利用されていることが多いですが、どうしてもおしゃれさがマイナスされてしまうので、クロスやクッションフロアの好きな柄を選んでトイレリフォームするのも悪くはありません

 

やり方は実は単純で、壁(床)を張替えればいいだけです。

 

床に関しては型紙を作って切り取ればいいだけですが、壁は高いところにまで手を伸ばす必要があるので、特に壁を剥がす作業を行う際には注意してください

 

タンクと壁をつないでいる排水管やホースなどの部分の壁紙も切り取る必要がありますが、細かく切らないと不格好になりますので、より繊細にカットしましょう。

 

トイレリフォームDIY、汲み取りを水洗に自力で換える

トイレリフォームDIYで、汲み取りを水洗いに自力で変える方法はあるのでしょうか。

 

汲み取りを水洗いに変える方法は、どんなトイレリフォームよりも難しく、DIYはおすすめできません

 

なぜなら、従来の便器の撤去から取り付け、給水管や排水管の設置、配電工事、フローリングまで何から何までやらなくてはいけないからです。

 

特に給排水管の設置や配電工事は、専門知識がないと難しい上、下水道工事は資格が必要ですので、DIYでは不可能でしょう。

 

したがって、業者を呼んで作業してもらったほうが賢明です(その分お金はかかりますが)。

 

どうしても汲み取りを水洗いにDIYでトイレリフォームしたいのなら、自分でできる床の解体や便器の撤去のみ行って、給配管工事や配電工事は専門の業者に行ってもらうといいでしょう。